独立を考えている人へ|レジシステムをposと連動させてもっと楽しく仕事しよう
ロゴ

起業家info

いずれ独立を考えている人はposレジシステムの導入も検討しよう

独立を考えている人へ

レジスター

飲食業は独立を考える人が多い

飲食業を生業としている人は、今どこかのお店で修行をしているかもしれませんが、将来的には独立して店を構えるか、現在働いているところでお店の店長を目指す人が多いでしょう。
現実的に将来を設計するために、お店を開店したときに必要なシステムは何かをしっかり考えておきたいものです。

レジとposの連動を考える

金銭のやり取りをするわけですから、セキュリティのためにもレジは必ず導入した方が良いでしょう。
それと合わせて、「posシステム」も同時に連動させるかどうかも考えるようにしましょう。
レジはあるけれどposシステムがないというお店はたくさんあります。どうすればお店の経営にとって便利なのか、よく考えるべきです。

間違いを防ぐ

レジスターは釣り銭やお金の管理をするための台帳として役割を果たしています。それがposシステムと連動するようになったのは1970年代のアメリカからでした。これはレジからお金が抜かれたり、販売員が間違って安くまたは高く商品を売買してしまうことが頻発したため作られたシステムです。
レジと連動させることで、注文の商品数を合計するのも早くなりますし、ログが残るので間違いもすぐに判断できます。

顧客の満足度のため

最終的には全て顧客の満足度を上げるために、こういったposシステムを導入するか否かは決められるべきです。
誰もが暗算が早いわけではないので、人任せにしていると精算する際のスピードが遅くなってしまいます。また、飲食店では注文を間違えられてしまうとお客様は不満に思ってしまうのです。
あらゆる事態を想定して、posレジを導入するメリットを考えるようにしましょう。

独立した人のリアルな声をチェック

のれん分けがうまくいきました

私はラーメン店で修行し、のれん分けしてもらってお店を開店しました。のれん分けといっても独自のやり方で歩んでいきたかったため、posシステムを導入し、ちゃんとお金の管理ができるようにしたため、目標達成への意識が高められたと感じています。

広告募集中