初めてでも安心|レジシステムをposと連動させてもっと楽しく仕事しよう
ロゴ

起業家info

周辺機器やどうやって使うかを知って安心して利用しよう

予算や店舗の規模と相談

お店を開店するときにはposレジなどシステムの導入を考えますが、色々と購入する前にまずは立ち止まって何が一番必要なのか考えるようにしましょう。お店の規模次第ではそれほど高度なシステムを入れる必要はないかもしれません。

レジで必要とされる周辺機器ランキング

no.1

キャッシュドロア

レジの基本的な構造の一つとなっているので、この周辺機器は必ず導入するお店で利用されています。そのためランキングでも上位にきています。鍵がかけられてセキュリティも心配ないものを選ぶと良いといわれています。

no.2

レジ本体

最近ではレジ本体をタブレット端末で補うところも増えてきているので、以前よりもレジ本体を購入する人が少なくなってきました。業者ではレジ本体としてタブレット端末を提供しているため、お店に合った型を選びましょう。

no.3

レシートプリンタ

レシートは必ずお客様に渡すものなので、プリントできる機器は揃えておいた方が良いです。ロール紙も切れないように補充しなければなりませんが、近くに十分な量を保管できるように場所を確保しておくべきだといえます。

初めてでも安心

レジスター

壊さないようにしたい

タブレット型ならそれほどお金をかけなくても導入できるposレジですが、初期投資をしたからには十分に活用したいものです。
まず気がかりは「使い方を間違って壊さないこと」です。利用の方法を逐一導入する業者から聞いておいて、正しく使えるようにしておきましょう。

アプリをダウンロードする

その機器や対応する業者によって違いますが、タブレット型のposシステムを利用するにはまずアプリをダウンロードする必要があります。後で機能を追加する場合もこのダウンロードを行ないますので、覚えておくと良いです。
セキュリティのためにアカウントの登録が必要ですので、スタッフにも覚えてもらいましょう。

商品を販売するための準備

小売店のレジではバーコード読み取りなどをして商品を販売し、飲食店やサービス業であればメニューをあらかじめレジに登録しておき、それをposと連動させます。
そのためには、
・商品をカテゴリ別に分ける
・個別に商品の番号を登録する
・入力画面にメニューや商品を配置する
といった手続きが必要になります。

担当者の登録

レジシステムではいつ、どの担当者がレジを使ったのかを登録することができる機能もあります。これは勤怠システムとも連動させることができて便利な機能ですし、なにより不正の防止にも繋がります。
複数の店舗で同じスタッフが働く場合に備えて、複数店舗での管理ができるサービスを提供しているところもあって便利です。

売上を管理する方法

レジとposを導入させる最大のメリットは売上の計算が簡単になることです。毎日売上をチェックしたいお店にとっては、スタッフの手を煩わせることもなく便利でしょう。
点検や精算のためにレジチェックの画面が分かりやすく設定されているとより確認もし易いです。これはレジ締めの際にスタッフ全員が行なうことでもあるので、マニュアル化しておくと良いです。

広告募集中