流通業界におけるメリット|レジシステムをposと連動させてもっと楽しく仕事しよう
ロゴ

起業家info

posシステムが活躍する現場【小売店のレジだけじゃない】

物を流通させる仕組み

物々交換の歴史から始まり、現在は貨幣によって物は交換されるようになりました。貨幣で交換されるのが、実体があるものの場合は、在庫が存在しそれがなくなればまた発注をかけます。その流れが物流と呼ばれ、業界全体は物流業と呼ばれるのです。

流通業界におけるメリット

店員

コンビニが物流業を変えた

商品を売って売上を上げる小売店ですが、商品を製造してそのお店に届けるまでの流れがスムーズでないと売上が上昇しません。そのため、できるだけ大きなお店で在庫をたくさん抱えていた方が良いという考え方がありました。
そういった商品管理の流れはコンビニが一変させました。レジにposを連動させることで、商品が単品でどれだけ売れたのか一元管理でき、なくなったらすぐに補充する体制を整えることができたのです。

売上を上げるための仕組み

在庫をたくさん抱えることができたとしても、それが売れなければ意味がありません。そこで、「これが売れるのではないか」という仮説を立てることが必要です。
その仮説にはもちろん何か証拠がなければいけません。そこで売り出し始めは一日でどれだけ売れたのか個数で報告する必要があります。
そして仮説を立て、在庫を発注し、売上がどうなったのか最終的に判断するサイクルを立てるためにposシステムで売上の変動をみます。

ポイントカードも活用

コンビニではポイントカードを作ることがありますが、これによって個人情報が分かります。
「そのお店の客層」
「世代別の売上が良い商品」
「季節による売上の変動」
以上の情報がposで顧客管理もすることによって分かるようになるのも魅力です。

ネット販売にも対応できるシステム

最近では小売店は実店舗だけでなくネット上での販売へと販路を広げています。ネットだと全ての物の流れや売上がデジタルでログとして残されますので、posシステムが大活躍する場面となっています。
処理すべき情報量が多くなりますので、ITシステムの導入は欠かせません。

共通化させる必要がある

ネットでの販売も盛んになってきている流通業ですので、実店舗でのレジとECサイトをposで連動させることも大切になってきています。
顧客は実店舗でもECサイトでも同じようなサービスが受けられると嬉しいと感じます。両方の対応を統一させることはオムニチャネルと言われていますが、システムの活用が求められる場面となるでしょう。

広告募集中